ゲートキーパーの育成や支援を行い社会に貢献する団体です。

自殺危機初期介入スキルワークショップ

参加される方は当日、発熱や体調不良(咳・味覚異常)などをチェックのうえ症状があるときは参加をお控えください。マスク着用でお越し下さい。研修は定員を減らして行い、換気にも配慮します。

 

ルーテル学院大学の自殺危機初期介入スキル研究会が開発した7時間30分(休憩含む)のワークショップです。研究会認定講師が研修を行います。危機介入の具体的なスキルが身につくように、参加型となっています。支援の専門職の方にも十分な学びが得られる内容となっています。

 

  開催日(曜日)

 時  間

2022年11月6日(日)

9:30〜17:00

  • 会 場・・・ゲートキーパー支援センター尼崎事務所

            (尼崎市御園町24番地尼崎第一ビル、阪神尼崎駅徒歩1分)

  • 受講料・・・10,000円
  • 定 員・・・12名
  •  

    お申し込み受付中!
    お申込みフォーム   

    お問合わせフォーム

     

     

     

    このワークショップは、

     

    ルーテル学院大学の総合人間学部教授の福嶋喜代子先生が中心となって、自殺危機初期介入スキル研究会が研究開発したワークショップです。
    自殺危機初期介入スキル研究会の認定講師2名で研修を致します。
    7時間をこえる長時間のワークショップですが、具体的なスキルが身につくように参加型になっており、専門職の方にも十分な学びを得られる内容となっています。

     

    ワークショップの構成

     

     ワークショップは、7つのセッションからなります。7つのセッションの中で、グループ討議、グループ作業、ロールプレイなどを用いた14種類の演習に参加します。また、視聴覚教材も用います。非常に密度の濃い、実践的なワークショップです。 

    第1セッション 導入、自殺に関する事実の確認
    第2セッション 自殺に関するさまざまな考え、信念
    第3セッション サインに気づく
    第4セッション 理解を深め、生きる理由を探る
    第5セッション 危険性をはかる
    第6セッション 安全確保、支える仲間へつなげる、フォローアップ
    第7セッション ふりかえり、セルフケア

     

    ワークショップの時間数

     

     一回のワークショップは、約7時間30分(1時間の休憩を含む)、概ね午前9時30分から午後5時00分までの予定で行います。(開始時間は多少変更する場合があります。)1時間の昼休みの他、セッションごとに短い休憩をはさみます。
    はじめからおわりまで参加する必要があります。

     

    ワークショップの参加対象者

     

     社会福祉関係の方、医療関係の方、教育関係者、心理職関係者、
     地域・行政・企業の中で、多くの方と接する機会の多い方。
     カウンセリングやキャリアコンサルティングなどの勉強をしている方。
     又は、当法人の「ゲートキーパー入門講座」を受講された方。

     

    受講料について

     

    お振り込みによる入金にご協力をお願いします。

    ゆうちょ銀行所定の振込取扱票を使用する場合

    (記号) 14330   (番号) 18030511

    ゆうちょ銀行以外からの振込をされる場合

    (店名)四三八  (店番)438  

    普通預金 (口座番号)1803051

    口座名義

    NPO法人 ゲートキーパー支援センター

    ※受講者名にてお振り込み下さい。
    ※受講料は開催日の一週間前までに納入をお願いします。

     

    ※キャンセルされる方は前日までにご連絡下さい。
      キャンセル料500円を差し引き、受講料を返金致します。
      ご連絡のない場合、返金できませんのでご注意下さい。



     
    home キャリコン更新講習 ゲートキーパー入門 自殺危機ワークショップ ご依頼